HOME>記事一覧>実習中心のカリキュラムであるかを事前に確認

パティシエ専門学校を選ぶ際に注意して着目しておきたい点は、一人一製作のスタイルを取っているかどうかを予め調べておくことです。今や一人ひとりの生徒が、はじめから最後まで制作をする実習スタイルが基本となっています。共同で制作にあたっている専門学校の場合、少しカリキュラムが古いと言わざるを得ません。そのため、一人一製作を導入している専門学校が学ぶには適しています。

将来的に製菓店などでの就職を考えているのであれば、技術がなければ仕事をすることができません。そのため、パティシエを養成する専門学校では、実習中心の学校を選ぶことが重要です。とにかく実習が多い学校を選ぶことです。

通常、パティシエ専門学校では、お菓子作りが実習の屋台骨となります。しかし、専門学校によっては将来的な就職の選択肢を広げるために、複数のカリキュラムを同時に学ぶことができるところも増えて着ているといいます。

将来的にパティシエとして独立を考えている場合には、開業支援を受けられる専門学校選びはとても重要です。開業するためのノウハウやマネジメントを基礎から学ぶことができる重要な機会です。サポート支援を受けられるに越したことはないです。

広告募集中